雨ジミ補修

最近は下の写真のように水染みやクレーターのご依頼が多いですね。

これは雨や雪に濡れた後、部分的に乾くことが原因でボコボコとした凹凸ができてしまうのですが、ブラック系の靴は色ムラなどが目立ちにくい為、革質にも寄りますが意外と簡単に補修することができます。

IMG_3920

一度水に濡れてしまうと革がもの凄く乾燥しガチガチに硬化してしまいます。当然そのままでは履きにくく、また革へのストレスも増しますので早急に補修する必要があります。

IMG_3926

補修後。

IMG_4217

写真からも伝わるこの爽快感をご覧ください。綺麗サッパリ補修出来ました!

続いては、ブラウン系の場合です。ブラウンの靴は染みムラが目立ちやすく、補修が難しくなりがちです。

補修方法は、色味を合わせた顔料でシミ部分をコーティングするか、染みムラが隠れる色味まで濃くするか、基本的にはこの2通りがあります。

顔料の場合ですと、塗装が剥がれたり革の質感を損なうデメリットがあるため個人的にはオススメしておりません。どうしてもという場合以外、補修の際はリカラーまたはアンティーク仕上げをご提案させて頂いております。

IMG_5610

 

IMG_5612

今回の場合ですと、ツマ先が水シミによって濃くなってますので先端から濃くグラデーションを入れて、また別の雰囲気に仕上げさせて頂きました。

こうすることで革の質感を保ちつつ、塗装ではないので色が剥がれる心配もありません。

また新しく生まれ変わることで、見た目的にも新鮮な気持ちで履き続けることができますので一石二鳥ですね!

IMG_5626

IMG_5621

ついやってしまった靴もこんな具合に蘇らせてはいかがでしょうか?

==================================

THE LOUNGE by Brift H

〒060-0062 札幌市中央区南2条西5丁目31

TERRACE 2-5 1F MaW内

011-271-0505

info@maw-sapporo.com

■ ONLINE STORE / ■ Instagram / ■ FaceBook