[CIOTA] 2020AW Collection

 

 

zgKLRdku

 

 

 

2020年秋冬よりお取り扱いさせていただきます『CIOTA(シオタ)』をご紹介します。

 

岡山にある縫製メーカーのファクトリーブランドとして、2019年FWより本格始動した「CIOTA」は、

岡山に本拠を構える生地の製造・販売などを行う株式会社シオタが立ち上げたアパレルブランドで、

原料の選別から、生地のデザイン、生地織り、洋服のデザイン、縫製仕様の考案、縫製まで、

洋服作りにおけるすべての工程に徹底的にこだわることで、高品質な製品を作り上げています。

代表的なのはやはりデニム。まずは今回入荷分のデニムのご紹介いたします

 

DSC06514

CIOTAの特徴として、コットン生地には、必ず自社開発のスビンコットンが使われています。

原料にしているのは、インド南部でのみ栽培され、世界の綿の生産量においてわずか数パーセントしか

収穫できないという最高級の貴重な超長繊細綿、スビンコットン。その滑らかな肌触りは

今までのデニムとは比べ物にならないほど最高の穿き心地です。

 

 

sDSC06500

13.5oz ストレートデニム PTM-1STB-NIDBL (Dark Blue) ¥32.000+tax-

 

 

シルエットのベースとなっているのはLevi’s、501”66”。王道の5ポケのデニムといった佇まいですが、

そこはCIOTAならではのアップグレードが成されています。いくつか展開のある中から、

デニムに関しては間違いなく”顔”になりそうな本藍のストレートのみMaWではセレクトしています。

DSC06517

CIOTAの”ストレートデニムの”ブルーは、経糸を本藍で染めており、且つ、ロープ染色で染めています。

デニム業界では良く耳にする”ロープ染色”。

ロープ染色で染められた、綿糸は芯に近づくほどブルーが薄くなり、芯には染まりきらなかった白色が残ります。

穿き込むことによって、この綿糸の表面が徐々に削れ、糸の中心に近い白色が浮き出てきます。

俗に言う、アタリやヒゲと言うものは、この現象から産まれてきます。

DSC06514

 

sDSC06565

 

 

sDSC06444

本藍スビンコットン 13.5oz ストレートデニム PTM-1STB-NIDBL (Dark Blue)¥36.000+tax-

 

 

70年代のヴィンテージデニムを彷彿とさせる絶妙な色落ち具合が魅力のミディアムブルーの

同モデルもご用意いたしました。

sDSC06453

ポケットは装飾を施さずにシンプルにデザインしています。サイドのセルビッチ使いやポケット裏の

シングルステッチなど、ヴィンテージデニムをイメージした素材使いや縫製仕様も特徴です。

 

sDSC06460

sDSC06462

ウエストからヒップにかけて丸みを帯びるパターン。ですが、シルエットは崩さず、「らしい」シルエットに。

加えて66ならではのジャストウエストで穿いた時に出来やすい”足の付け根のV字型のシワ”も

敢えて股上を浅くし、変に生地が余らない様になっています。

ヴィンテージのデニムを選ぶ様に、ジャストのサイズ表記よりも上のサイズを選び、

ハイウエスト、ジャストウエストで穿くよりも、腰骨くらいで止めるイメージでしょうか。

股下は長めの設定なので、ロールアップでも、ジャストでカットしていただいてもお楽しみ頂けます。

 

 

お問い合わせを多数いただいている為、7月4日 12:00 より店頭先行発売開始いたします。

オンラインストアでの販売は、7月4日 13:00 〜となります。

 

 

 

MāW
〒060-0062
札幌市中央区南2条西5丁目31
TERRACE2-5 1F
TEL&FAX:011-271-0505
営業時間:12:00~20:00

■INS&COMPANY ONLINE STORE
http://www.ins-online-store.com
■MaW instagram
https://www.instagram.com/maw_sapporo/
■MaW FaceBook
https://www.facebook.com/mawsappporo